二の腕 ダイエット

二の腕痩せ―筋力不足の女性の腕を細くするための膝立て腕立て伏せとその回数の解説


二の腕痩せをしたいのならば、腕立伏せをやるのがメジャーです。特に筋力不足の女性などには、膝立て腕立て伏せがとてもおすすめです。少ない負荷で最大限の効果を発揮してくれます一口に二の腕痩せをしたい、二の腕を細くしたいといっても、二の腕に筋肉がつかなければはじまりません。筋肉をつけて運動しなければ脂肪は燃焼されにくいです。筋肉がつくとただ細くなるだけではなく引き締まった健康的な二の腕になることができます。

 

そんなおすすめの膝立て腕立て伏せですが、正しい姿勢で行わなければ、効果が下がってしまいます。まずは、両腕を肩幅に開き、足は肩幅よりも少しだけ狭く構え、そのまま膝をつきます。この時上半身のラインを横から見てまっすぐにするのがポイントです。そして脇を締め、息を吸い込みながらひじを曲げていき、ゆっくりと胸を床に近づけます。この時の視線は前方を見ていましょう。そして息を吐きながらゆっくり腕を伸ばし、元の体制に戻ります。この時、背中をそったり、お尻を突き出したりしてはいけません。最初の姿勢を保ってください。回数はこれらの流れを12回の2,3セット行います。これより回数を減らしても問題はありません。特に筋力不足の女性は、二の腕痩せがしたいのならは、回数はあまり気にせず、この一連の流れを姿勢を崩さずにゆっくり行えるようになりましょう。

 

ゆっくりというのがキモで、このような運動は速度を早くするとダイエット効果が少なくなってしまいます。また、1セットごとに二の腕や胸のストレッチなどを行うとより効果的です。またこの運動は、個人差はありますが、二の腕痩せだけでなく胸を大きくしたり脇や背中周りの脂肪を落とす効果もあります。そして、この運動に慣れてきた場合は膝を立てるのをやめ、普通の腕立て伏せにシフトしていくのがよいでしょう。普通の腕立て伏せは、ひざを立てる以外は、上記の膝立て腕立て伏せと変わりなく行えます。ですが、以前の量では行わず新しく回数を決めて行うのがよいでしょう。膝がつかない分、腕や胸にかかる負荷も増加してしまいます。回数は自分の筋量と相談して決めるようにしましょう。

 

また、このような運動、トレーニングを行うときには十分な健康状態の時に行いましょう。ご飯を抜くダイエットなんてものがありますが、この手のダイエットはまず体に悪いですし、さらに代謝が悪くなるため体重は落ちても脂肪が増えるといったことが起こってしまう可能性があります。対して運動をして、筋肉をつけて代謝をよくするタイプのダイエットはとても引き締まって見えますし、リバウンドも起こりにくいです。なにより、苦しいか、楽しいかというとても大きな違いがあります。苦しいよりも楽しくダイエットを行ったほうが幸せなのはわかりきっています。なので、上記の運動を行うときも無理はせず、目標に到達しなくても、焦らずにゆっくりとやっていけば必ず結果は出ます。

二の腕痩せに効くトレーニング法(腕立て伏せ、ストレッチ、ペットボトルダンベル、ねじる運動など)

夏が近づくにつれて毎年気になりだす自分の体形、男女ともに心当たりの方は多いと思います。
その気になる身体の部位でもお腹真周り、足と並んで気になるのが、「腕」それも特に「二の腕のたるみ」ではないでしょうか??
お腹周りや足に関してはランニングやウォーキング、、ストレッチや食事制限等である程度は対応しやすいと思いますが(それも限界がありますが・・・)この腕と二の腕痩せに関しては中々思うようにシェイプアップできずどのようにトレーニングしたらいいか、やきもきしてる方が多いのではと思います。
では一体どのようにすれば効率よく二の腕痩せを達成できるのか??それについて説明していきます。

 

まず初めにお伝えしたいことは身体の一部だけを集中してトレーニングをおこなうことは非常に効率が悪いということです。
つまり、二の腕痩せをしたいが為に、腕立て伏せだけをやったり、ペットボトルダンベルを使ったトレーニングだけを行っても余り効果は期待できません。
それはなぜか??簡単に説明すると身体をシェイプする事において大切な要素の一つとして、代謝を良くする事が挙げられますが、この代謝をよくするために大事なのは筋肉をつける事、それもなるべく大きな部位の筋肉をつける事が必須だからです。
上記の事を踏まえると、腕の筋肉というのは身体全体からみると非常に小さい部類の筋肉になるので、効率面を考えると、腕の筋肉だけを鍛えるより先に大きな筋肉(足の筋肉や腹筋、背筋等)を鍛えて代謝を上げる事の方が重要なのです。
代謝が上がると同じ食事の量を食べても、脂肪のつき方が抑えられる効果もあるので、まずはこの代謝を挙げるという事に着目して日々のトレーニングのスケジュールを組み立ててみて下さい。

 

では次に、具体的な二の腕痩せに効くトレーニング法について解説していきましょう。
まず最も効果が期待できるのが(腕立て伏せ)です。基本的なやり方については割愛しますがコツとしては背筋を伸ばした状態で行う事と、腕を曲げる際にゆっくりと、伸ばす時に速くすると効果的です。
回数については自分がしっかりとした姿勢を保ってできる回数を1セットとしこれを3セット行ってください。
女性の方など、筋力にあまり自信のない方ははじめは膝をついて行っても構いません。 
次にペットボトルダンベルを用いたトレーニングです。
こちらに関しては500mlのペットボトルに水を満タンにいれたものを二つ用意します。
そしてこれらを持ちながら、腕を地面に対して垂直に下げた状態から曲がり切るところまで持ち上げるという運動をこちらも自分がしっかりとした姿勢を保ってできる回数を1セットとしこれを3セット行ってください。
そして今度はで四つん這いになり、片手にペットボトルダンベルを持ちその腕を床に平行になる様に背中側に向かってのばします。こちらも上記の回数を行ってください。
最後に、ストレッチを行います。
ストレッチは、身体をほぐす為の物だと思われがちですが、じつはシェイプアップ効果もあるのでしっかりと、伸ばす、ねじる
とくにねじる運動を意識的に行うことで、より高い効果が望めます。
以上の事を参考にして、今年の夏こそは理想のボディで思いっきり楽しみましょう!!

 

 

ダイエットに何度も挫折やリバウンドを繰り返している方は、痩身エステでプロにお任せするのもひとつの手です。

 

理想のスリムボディになってもお肌がボロボロだとなんだか残念。
見えるところはもちろんだけど、見えないところもしっかりケアしましょう。
特にお尻ニキビ、大丈夫ですか?